3月24日(日)10~17時に池袋で開催予定の「風俗福祉応用研修」、開催まであと20日を切りました!

「風俗福祉応用研修」は、法律と福祉の観点から、性風俗産業で働く女性に対する具体的な支援の方法を学ぶ研修です。

性風俗店で働く女性の無料生活・法律相談『風テラス』の弁護士・ソーシャルワーカーが講師を務めます。

法律相談や生活相談の現場で、性風俗で働く女性たちから寄せられる相談、及びその背景にある性風俗業界特有の課題に対して、どのように考え、どのように対応していけばよいかを、講師による講義と現場で働く女性たちを交えたグループディスカッションを通して、徹底的に学びます。

◆開催日

 2019年3月24日(日)10時00分~17時00分(定員20名)

・会場:アットビジネスセンター池袋駅前別館 707号室

 〒170-0013 東京都豊島区東池袋1-6-4

◆受講対象

1.「風俗福祉基礎研修」を受講・修了された方

2.性風俗産業で働く女性の支援に関心のある専門職の方

(福祉職、ソーシャルワーカー、弁護士、研究者・院生、NPO関係者等)

*風俗福祉基礎研修を受講されていない方も、応用研修を受講して頂くことは可能です。

◆定員 20名

◆参加費 一般 20,000円 学生・障がい者 15,000円 

(いずれも資料代・税込)

◆講師

浦崎寛泰(弁護士・社会福祉士)

木下大生(社会福祉士・武蔵野大学准教授)

坂爪真吾(一般社団法人ホワイトハンズ代表理事)

◆グループディスカッションのゲスト

首都圏の性風俗店での勤務経験がある女性(2名)

<当日のタイムスケジュール予定>

10時00分 開始の挨拶~諸注意

10時05分~10時25分(25分間)

 講義①:風テラスの現状と課題(坂爪真吾)

10時30分~11時15分(45分間)

 講義②:弁護士の視点から考える風俗と司法の連携:現状と課題(浦崎寛泰)

11時15分~12時00分(45分間)

 講義③:ソーシャルワーカーの視点から考える風俗と福祉の連携:現状と課題(木下大生)

12時00分~13時00分(60分間) お昼休憩(各自)

13時00分~14時20分(80分間)

グループディスカッション①:デリヘルで働く社会人の女性

⇒女性のライフヒストリー(風俗で働くようになった経緯、働く中でぶつかった悩みやトラブル、今後の課題や展望等)を聞きながら、ソーシャルワークの視点から、風俗で働く女性たちの抱える課題とそれらに対する支援策を整理していきます。

14時30分~15時50分(80分間)
 
グループディスカッション②:デリヘルで働く大学生の女性

16時00分~16時50分 

 研修のまとめ
 ・女性からの意見・感想(15分)
 ・参加者の意見・感想交換(20分)
 ・講師の総評(15分)~修了証書授与+感想記入

17時00分 終了 

 近くの飲食店で懇親会(各自2000円程度:17時~19時)

詳細・参加申し込みはこちら
http://www.whitehands.jp/fuzokuwel2.html

Peatixからもお申し込み可能です
⇒ https://peatix.com/event/600718/view